東京都・神奈川県・埼玉県の建物検査・地盤調査・測量調査ならジーエーシーサポート

 お問い合わせはこちら ≫ 

〒183-0034 東京都府中市住吉町3-49-5
TEL 042-358-0955

建物検査

中古住宅の建物検査 住宅インスペクション・保証

住宅インスペクションの実施自体は義務化されていませんが、取引にあたり宅建業者様から売主様・買主への説明は必要になります。
具体的には、3つのタイミングで建物状況調査(インスペクション)の内容が追加になります。

  1. 媒介契約時に売主様・借主様それぞれにインスペクション業者の斡旋
  2. 重要事項説明時に買主様にインスペクション結果を説明
  3. 売買契約時に物件の状況について、売主様・買主様へ書面を交付

住宅インスペクションのメリット

保険義務化の概要

  売主様

  • 引渡し後のトラブル発生を軽減
    (かし担保責任の回避)
  • 「検査済物件」や「保証付物件」として、他の競合物件との差別化ができる

  買主様

  • 購入予定物件を検査
    検査で建物の状況を把握して購入できるので安心、トラブル防止に。
    劣化部分がわかるのでリフォーム費用が積算しやすい
  • 保証付物件なら万が一のときにもさらに安心
    既存住宅かし保証が利用できます。
    引渡し後の住宅について、保証対象部分における「隠れた瑕疵」による買主様の損害を補償します。
  • 築年数が経過した物件でも各種税制優遇が使えます。
    既存住宅かし保証保険付証明書が住宅取得税制における「耐震性を証明する書類」として利用可能なため、築年数が経過した物件でも各種税制優遇が使えます。


  宅建業者

  • 査定の一環として検査
    取引におけるトラブル・クレーム回避
    詳細に建物の状況を把握できます。
    会社の信頼度アップ
    売主様・買主様へのアピールに
  • 売却に向けて検査実施
    検査済物件として差別化も可能

戸建て住宅の住宅インスペクション(既存住宅検査)

保険義務化の概要

見た目だけで は判断が難しい戸建住宅の状態を見極めることできるサービスです。 

目視・聞取り動作確認などにより、経年と共に劣化した部位問題点ついて検査いたします。

既存住宅インスペクションガイドラインに準じた詳細な検査内容です。
例えば木造戸建住宅の場合、60以上の項目を詳細に検査します。

目視。動作確認・機器による計測など、非破壊検査ですので、壁を壊したりはしません。


主な検査項目

  • 構造耐力上主要な部分に係わるもの
    バルコニーのひび割れ、劣化
    外壁のひび割れ、欠損、はがれ、サッシの周囲の隙間、開閉不良
    柱および梁の劣化・傾斜
    土台のひび割れ、劣化
    基礎のひび割れ、欠損、劣化
    床の著しい沈み、傾斜
    壁の傾斜
  • 雨水の浸入を防止する部分に係わるもの
    屋根のひび割れ、劣化ほか
    軒裏 シーリング財の破断、欠損・軒裏天井の雨漏りの跡
    小屋裏の劣化状況の確認
    内壁と天井の雨漏りの跡
  • 給配水管路

既存マンションの住宅インスペクション(既存住宅検査)

保険義務化の概要

建築士が専門器具を用いて計測、および目視にて詳細な検査を行います。

対象となるのは、構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分、及び占有部の給排水管路を検査します。

目視。動作確認・機器による計測など、非破壊検査ですので、壁を壊したりはしません。


主な検査項目

  • 外壁・内壁の劣化状況の確認
  • 屋上・屋根の防水層の劣化
  • 室内(占有部) 
    床の傾斜・給排水管路
  • バルコニー・共用廊下のぐらつき・ひび割れ


大切なお客様のために一歩先ゆく安心をご提供します

株式会社ジーエーシーサポ-トでは、住宅インスペクション(建物検査・報告書作成)から、
再検査、既存住宅瑕疵保証のご案内まで、ワンストップでサポートいたします。

他、地盤保証も対応可能なので、中古住宅の現状に合わせて必要な調査・保証のご案内も可能です。

大切なすまいを守るために是非ご相談下さい。

お問い合わせ用紙

  個人の方のお問い合わせ 

すまい給付金・お問い合わせFAX用紙をお送り下さい。担当より折り返しご連絡いたします。

 お問い合わせ用紙ダウンロード 📥 

📠 042-358-2724

  宅建業者さま・仲介業者さまのお問い合わせ 

 中古住宅の検査・診断~改良工事~瑕疵保険・保証までワンストップで提供しております。

📞042-358-0955

ページトップへ戻る